ホーム>管打楽器教室>オーボエ教室>講師の紹介

講師の紹介

代表講師   石渡 裕久

石渡 裕久(いしわた ひろひさ)
Hirohisa Ishiwata
横浜市出身。「のだめカンタービレ」原作のモデルとなった武蔵野音楽大学器楽学科卒業。武蔵野音楽大学大学院音楽研究科修了。音楽修行のため、学生時代に2回のヨーロッパ渡航。中学校、高校教員専修免許状取得。

オーボエを北島章、吉成行蔵(故人)、インゴ・ゴリツキーの各氏に師事。トーマス・ブッホルツ、トーマス・ローデ、石橋雅一、山本安洋、各氏のプライベートレッスンを受講。声楽を貝島まこと氏に、作曲法を川辺真氏に師事。吹奏楽指導法をアントニン・キューネル氏に師事する。

NHK交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、シエナウインドオーケストラ、陸上自衛隊中央音楽隊、警視庁音楽隊、東京消防庁音楽隊、航空自衛隊航空中央音楽隊、東京室内歌劇場など、多数の演奏団体のメンバーと共演。http://www.cantabile-oboe.com/works/cat-152/(クリックすると動画が観られます)

大学在学中より国内外で数多くの演奏、録音および指導活動を行ない、聖徳学園付属音楽教室講師等を経て、現在、管打楽器教室”カンタービレ”代表。オーボエおよび吹奏楽指導、アンサンブル指導、リード製作の分野で精力的な活動を行なっています。日本クラシック音楽コンクール本選予選審査員。

           

読響・蠣崎氏(オーボエ)、N響・岡崎氏(ファゴット)らとモーツ アルトグランパルティータを演奏する講師(中央)。

現在使用中の楽器はマリゴー フルオート、ヨーゼフ ペガソ フルオート。
趣味はカレー作り、スキー。既婚。娘が一人います。

       

ベルリンフィルハーモニーの         フランスや中国までリードの材料を                                

ハルトマンさんとオーボエ談義       探しに行っています

            

若いころはこんな感じでした       東京佼成ウインドオーケストラの宮村和宏さんと

今はすっかりおじさんです             仕事の相談(新宿・ドルチェ楽器にて)

家内はサギだと言っています(笑)

講師 堀口 憲一

堀口 憲一 (ほりぐち けんいち)

Kenichi  Horiguchi

横浜生まれ。13才よりオーボエを始める。

第22回日本管打楽器コンクールオーボエ部門第4位。

東京音楽大学卒業後、渡独。ドイツ国立ハンブルク音楽演劇大学修士課程に入学。

 在学中、ハンブルク国立歌劇場、ゲッティンゲン交響楽団にて研修団員を勤める。

ハンブルク音楽演劇大学修士課程を審査員満場一致の一等賞で卒業。

これまでに、N響弦楽四重奏団との共演のほか、北ドイツ放送響や東京フィルハーモニー交響楽団など国内外の数多くのオーケストラに客演。

サイトウキネンフェスティバル松本 子供のための音楽会、青少年のためのオペラに出演。

オーボエを辻功、宮本文昭、古部賢一、パウルス・ファン・デア・メルヴェの各氏に師事

趣味は、フットサルとサッカー観戦です。

好きな食べ物は、お寿司です。

アシスタント講師 森中 美卯

森中 美卯 (もりなか みう)

Miu Morinaka

神奈川県出身。県立多摩高等学校を経て、国立音楽大学演奏学科卒業。13歳からオーボエを始め、これまでに田渕哲也、小林裕の各氏に師事。室内楽を杉浦直基、井上昌彦、坪井隆明の各氏に師事。第14回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール入賞。第1112回「オーボエ・アカデミーGernot Schmalfuss」にてゲルノット・シュマルフスのマスタークラスに参加。また、ハンスイェルク・シェレンベルガーなど様々な公開レッスンを受講する。

好きなことは美味しいものを食べる事と、寝ること!

最近植物を育てることに夢中です!よろしくお願いします!!

ページ上部へ