ホーム>管打楽器教室>ホルン教室

ホルン教室

カンタービレ ホルン教室の紹介

金管楽器の中で、ひときわ人目を引くうずまき型の楽器「ホルン」。とっても優雅な雰囲気があるので、「管楽器の女王」などと呼ばれています。ギネスブックにのるくらい難しいとされている楽器ですが、カンタービレのホルン教室でレッスンを受講すれば大丈夫!きっと素敵な音が、あなたのホルンから出てきますよ。

 

丁 晃子 (てい あきこ)

 

 

国立音楽大学卒業。在学中、オーディションに合格し学内オーケストラと共演。ソロ・室内楽定期演奏会に木管5重奏で出演。2009年「ウィーン古典派の発進」にてウィーン交響楽団ホルン奏者のゲオルク・ゾンライトナー氏とナチュラルホルンで共演。大学卒業後、地元広島の新人演奏会に出演。また、ボルドー音楽祭2010in横浜にて、パトリック・ジマノフスキー、生島繁、青山聖樹、小山清、原田佳菜子らとプーランクの6重奏を共演するなど、フリー奏者として精力的に活動中。60分の個人レッスンは8000円、90分の個人レッスンは10000円です。2名以上で申し込みのグループレッスンは60分10000円、90分12000円です。

 

趣味は音楽家らしく楽譜の製本や、女の子らしく裁縫・簡単な料理など・・。モーツァルトが作曲した曲が、とにかく好きです!基礎から楽しく、きっちりとレッスンいたします。少しでも生徒さんのお役に立てるよう頑張りますので、皆さま、どうぞよろしくお願いします!

ページ上部へ