ホーム>ブログ>日記>ミロスラフ・ケイマル 公開レッスン風景
日記

ミロスラフ・ケイマル 公開レッスン風景

白楽カルチャーサロンで開催された、ミロスラフ・ケイマル トランペット公開レッスンのもようです。受講者は合計9組でした。プロの方、中学校・高校吹奏楽部、アマチュア吹奏楽団所属の方など、多数の受講生がケイマル氏のトランペット奏法と音楽性を吸収しました。

 

トランペットの巨匠・ケイマル氏のレッスンは、常にピリッとした緊張感がありました。ケイマル氏も生徒さんたちも真剣勝負!南希望が丘中学校吹奏楽部の皆さんは、さすがに少し緊張気味・・・?

 

 

上左の写真は弥栄高校音楽コース2年在学中の片野和泉さん。ケイマル氏のご機嫌が最高潮に達した受講生です。片野さんのことは、いずれブログで紹介いたします。

 

チェコ語の通訳をしていただいたアントニン・キューネル氏はケイマル氏と幼なじみで、プラハ音楽院の同級生です。午後2時半から夜の9時過ぎまでレッスンは続きました。下は最後まで公開レッスンを聴講していた皆さんとの記念写真です。夜遅くまでお疲れ様でした!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cantabile-oboe.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

ページ上部へ